マツダ新型デミオのオーディオ機能は廉価版らしい

Ads by Google

Drive Me Crazyで「デミオのオーディオのみ音質が違うと」紹介されていたので、ネタ元のみんカラを確認してみました。

外見は全く変わらないものの、アクセラに比べてスピーカーとアンプ部とプリ部にコストダウンが図られていてスコーン!と気持ちいいベーシックの音がしません。

このブログの中ではやたらアクセラの音との比較が取り上げましたが、これから人気が急上昇するであろうCX-3はデミオベースですが、資料で見る限りどうもオーディオはアクセラと共通になっているみたいです。

マツダ・新型デミオの音質アップ|サウンドピュアディオ井川のページ|ブログ|ピュアディオいがわ|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

デミオのみが仕様が違い(廉価版)、アクセラとCX-3にはそれなりに音が出る仕様(コストがかかっている)とのこと!(をいをい)。

何だかうちのデモカーのデミオに比べたらCX-5の方がやたら音がいいんですよ。

おそらく車両のパワーアンプがコストダウンされているのが原因だと思いデミオから外して・・

中を開けて見たらIC1個と他にパーツがいくつか間引きされていました。

マツダ・CX-5 マツダコネクトの音質アップ|サウンドピュアディオ井川のページ|ブログ|ピュアディオいがわ|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

まじ?このCX-5は、大幅改良後のマツコネ仕様になったものです。

しかしCX-3ではその様な違和感を感じないので、システムそのものがコストがかかっている物に替わっているのでは?と感じました。

先日宇部店に入庫したマツダコネクト付きのCX-5の音とほぼ同等で、デミオのみが他のマツダコネクトに比べてオーディオ部分がコストダウンされていると思います

新型デミオとCX-3のオーディオの違いについて|サウンドピュアディオ井川のページ|ブログ|ピュアディオいがわ|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

再び、まじですか?

結局、Bセグメントというか、車格に合わせて削れるところはきちんと削って、コストの調整をしているということです。「クラスの概念を打ち破る」と言ってはいますが、それはデザインや走りの面だけの話であって、使い勝手やエンタメの部分には及んでいないということなんですね。

マツダの技術者には、ユーザーが、車の中でいかに過ごしているか、その姿が見えていないのでしょうか?デミオに長時間乗っていると、「マツダの視野の狭さ」のようなものを感じることがありますよ。

新型デミオのマツダコネクトだけコストダウンで手抜きしている!?CX-3、CX-5、アクセラとはマツコネの音質が違う!?の謎 – Drive Me Crazy.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする