[感想]マツダ新型CX-3 XD Touring / Lパケを試乗してきました

Ads by Google

デミオの悪夢再び?2台のCX-3を試乗してきましたが、グレードが違うといえども乗り心地に大きな差がありました。また、ナチュラルサウンドスムーザーの有り無しも体験出来ました。

最初に乗ったのが、XD Touring Lパケです。こちらはナチュラルサウンドスムーザー(以下NSS)有りです。もう1台は、TouringのNSS無しでした。どちらもスタッドレスタイヤを履いているので、いわゆる純正とは乗り心地が少し違っています。

ナチュラルサウンドスムーザーの効果は?

マツダのホームページで試乗車検索をしてもNSSの有無まで確認できなかったはずです。たまたま行ったティーラーで運良くNNS有りに乗ることが出来ました。

走りだしは、ガラガラとディーゼル音がします。速度を上げていくと、デミオXDとは少し違った音色の「ディーゼル音」になったような気がします。音が軽く耳障りな印象が減った…と言う感じです。

NSS無しに乗ると(先の試乗から30分以上経過してます)、確かに音が大きいというか、音の力というか圧力というか、不快な感じが耳に届く印象です。

ただ、SKY-D 2.2の自分のCX-5でも巡航速度になると、ほとんど耳障りな音はしませんから、それと比較するとあえてNSS有り!と騒ぎ立てるほどではないのかな、という気もします。ただ、SKY-D 1.5同士なら有無の差がわかりますからi-ELOOPとセットオプション(64,800円)ですが、積極的に選んでみてもいいかもしれません。

2台の試乗車で乗り心地に大きな差

スタッドレスタイヤのサイズと銘柄を確認しておけばよかったのですが、2台でまるで乗り心地が違っていました。

Touring Lパケ(NSS有)は、「リヤがついてこない病」でした。以前乗ったデミオ13S程ではないですが、リヤが後からついてきます。また、ターボの「ヒュ〜ン」という音がわりと耳に届きました。

Touring(NSS無)は、リヤの追従性に不満はなく、ターボの音も聞こえませんでした。自分ならこの車だったら満足できます。スタッドレスタイヤは215/65R16でした。仮にNSS有のLパケが18インチだとしたら剛性感はこちらの方が上、同じサイズならLパケがおかしいと思います。この印象の違いの原因は何なんでしょう?

デミオXD AWDと比べると

CX-3の方が、速度を上げやすい印象です。デミオだとじわ〜っと速くなるところ、CX-3でもどかーんとはいかないまでも、じわ〜の時間が短いかな??(デミオは2ヶ月前の印象なので…)

二箇所のディーラーでCX-3を見に来ていた人の層が、たまたま「40〜50代で子供いない感じ」と「30〜40代で小学生くらいの子供いる」でした。子供連れの人たちは、やはり後席やラゲッジルームの広さが気になっているようでした。

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする