マツダ新型CX-3の雪上試乗レポート

Ads by Google

cx-3_snow_drive

オートックワンに北海道の雪上試乗会でマツダ新型CX-3プロトタイプを試乗したレポートが掲載されています。

立体駐車場に入るサイズ、室内は広くない

  • 全高は低く1550mmになる。スバル「XV」などと同様、立体駐車場を使える貴重なSUV
  • 床も低いから乗降時の足の取りまわし性は良いが、後席の上側は天井が特に下がっているので、頭を下げて乗り降りする
  • 運転席の座り心地もデミオと同様
  • 後席はSUVとしては足元の空間が狭く、この空間もデミオとほぼ等しい
  • 膝先空間が狭い割に座り心地はさほど悪くない

速報と後方の視界は要確認

  • 視界については、前方は見やすいが、側方はサイドウインドウの下端が少し高く、良好とはいえない
  • 斜め後方は、サイドウインドウの下端がさらに持ち上がる。従って側方と後方の視界は要チェック
  • サイドミラーの視野も、なるべく広く取れるように配慮されている

XDツーリングLパッケージ(AWD)の雪上試乗

  • 電子制御式カップリングの制御が巧みで、4WDのクセをほとんど感じない
  • 前輪がスリップを起こす予兆の検知を入念に行う
  • 車両に装着されたさまざまなセンサーからの情報を分析して、路面状況を想定する。登降坂の違いも的確に見分けるようになっている
  • CX-5に比べるとボディの軽さと低重心を感じさせ、共通のプラットフォームを使うデミオの運転感覚に近い
  • 既存のSUVに当てはめると、BMWの「X1」に近い

デミオでも十分なのでは?

  • 160mmにとどまる最低地上高を含めて、CX-3はSUVらしさが乏しい
  • 走行性能の高さに感心する半面、「デミオでも十分なのでは?」
  • だからCX-3は、SUVの好きなユーザーから見れば、賛否両論になるだろう
  • 5ドアハッチバックに近いスポーティーなSUVを求めるユーザーにはピッタリ
  • CX-5やアテンザではボディが大きすぎると感じるユーザーにも適している

CX-3はいろいろな見方のできるクルマで、これからSUVの世界がさらに楽しくなることは確かだろう。


マツダ CX-3[プロトモデル]雪上試乗レポート/渡辺陽一郎 | オートックワン

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする