やっぱり出る?マツダ新型RX-7は2020年に登場するという噂

Ads by Google

2020 RX-7

Autocarが、新型MX-5のプラットフォームを流用する新型RX-7が2020年に登場すべく開発中であると伝えています。

マツダ創立100周年である2020年に、新型MX-5のプラットフォームを流用したロータリーエンジンを採用し、従来同様FRパッケージを採用すると見られています。

猿渡氏が、Autocarに「ロータリーエンジンのプロジェクトは、30人体制で開発を続けている。」と話したそうです。また、「MX-5とは違うプラットフォームを開発するには、マツダは小さい会社だ。」とも。

以前、RX-8後継車はMX-5とプラットフォームを共用するとされながらも、パワーの違いから別のプラットフォームを採用するのではという噂も流れていましたっけ。ロータリーエンジン車の復活だけではなく、環境性能でもこれまでのロータリーエンジンを凌駕するポテンシャルを発揮して欲しいです。


New Mazda RX-7 planned for 2020 launch | Autocar

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする