インテリアカラーの選択肢は増えないのかな?

Ads by Google

オーストラリア仕様CX-5初期型

例によって海外仕様との比較からちょっと愚痴ってみます。そもそもLパケで白内装しか選べないってどうよ!

上の画像は、オーストラリア仕様CX-5(初期型)の内装色「Sand Leather」の写真です。
Sand Leather「砂」というだけあって少し茶色みがかっています。私なら、白かサンドカラーと言われれば、サンドカラーの方が落ち着きがあって好きですね。

残念ながら(?)、今回の「大幅改良」でオーストラリア仕様でも「ピュアホワイト」に取って代わられるようです。
オーストラリア仕様CX-5ピュアホワイト

Mazda3でも仕向地で少しずつシートの色が違っています(もしかしたら同じだけど写真写りが違うだけとか?は考えられなくもないですが)。

UK仕様では、「ライトストーン」
UK仕様ライトストーン
オーストラリア仕様では、「オフホワイト」
オーストラリア仕様オフホワイトオーストラリアは、前回触れたMazda2といい、日本には無い仕様があって羨ましいです。

ところで、どのグレードでも天井やAピラー、Cピラーまわりは明るいベージュ系の色ですが、例えばアルファロメオでは、4Cやジュリエッタでは天井もピラーまわりも真っ黒になるんですよね。
アルファロメオ4Cのインテリア
アルファロメオジュリエッタのインテリアジュリエッタの写真は少し古いです。

どのみち、マツダ車のAピラーは邪魔な位置にあるんだから、色が明るくても暗くても一緒(乱暴)。真っ黒のインテリアは、案外落ち着いて良かったです。ジュリエッタに乗ってみて思いました(座っただけだけど)。スポーティーバージョンには、真っ黒内装があってもいいんじゃないかな。

色彩設定は、仕向地別にシビアに行っているのでしょうが、どうせブツを作っているんだから「選択肢」を多くして欲しいかな。少なくとも、デミオとCX-3のLパケでもブラックレザーを選べるようにすべきでしょう。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする