マツダ、デミオのカー・オブ・ザ・イヤー受賞記念式典を防府工場で開催

Ads by Google

demio

マツダは、2月6日に防府工場でデミオのカー・オブ・ザ・イヤー受賞記念式典を開催したとのことです。

6日は工場の自動車製造ラインを会場に、従業員などおよそ600人が出席して式典が開かれた。式では、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会の荒川雅之委員長が、「国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザインとクオリティ、そして、最新技術を搭載しながらもリーズナブルな価格設定で、車で走る楽しさを再認識させられた」と授賞の理由を話した。

マツダ・デミオ、日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念式典 | NNNニュース


このニュースによると、デミオは去年9月の発売以来、先月末までに当初の目標のおよそ2倍となる4万台の受注があるそうです。受賞記念車の発売や、ユーザーへの還元(受賞記念品の提供)はないのでしょうかね。

私は、CX-5がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したときの記念品(オーナメント)を受け取ってませんよ!(まだ言ってる)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする