国内仕様より安全?i-ACTIVSENSが充実しているオーストラリア仕様Mazda3(更新)

Ads by Google

2014年8月にリリースされたオーストラリア仕様のMazda3 XD Astinaには、アクセラXDにはない「安全装備」があります。ただ、同時期にアクセラに仕様変更がありました。

また、重箱の隅をつついています。
まずは、豪州マツダのニュースを。国内仕様にない装備を強調しています。

XD AstinaHigh powered XD Astina diesel joins Mazda3 range
26/08/2014

中略
In addition to a full complement of SRS Airbags, a reverse camera, Dynamic Stability Control (DSC), Anti-lock Braking System (ABS) and EBD (Electronic Brakeforce Distribution), the Mazda3 XD Astina is also fitted with the full suite of i-ACTIVSENSE safety technologies including Blind Spot Monitoring (BSM) with Rear Cross Traffic Alert (RCTA), High Beam Control (HBC), Lane Departure Warning (LDW), Mazda Radar Cruise Control (MRC), Smart Brake Support (SBS), Forward Obstruction Warning (FOW) and Smart City Brake Support (SCBS).

High powered XD Astina diesel joins Mazda3 range


Mazda3 XD Astinaは、ほとんどアクセラXDと同じような装備であり、しかも右ハンドルですから、無理(無茶)な開発をしなくてもアクセラXDに流用出来たはずです。しかし、こうして仕様差ができてしまっています。

アクセラのi-ACTIVSENS

アクセラのi-ACTIVSENS

XD Astina XD
リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
車線逸脱警報システム(LDWS)
ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&
ATご発信抑制制御
リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

改めて見てみると、RVMとBSMは同等なので、RCTAの差しかなかったです(まさに重箱の隅です)。

マツダ曰く「その時点でマツダの最良であるべきです。1年ごとでも、その時点でやれることをきちんとやりきって、それを提供することがメーカーとしてのお客様への真摯な対応だと思います。そうやって本物を提供していく。それが今のマツダです。(新型CX-5のすべてから引用)」

当然、諸問題から言行一致を貫くのは難しいことは、想像できますが、それにしても、マツダはかっこつけすぎです(こうしてボロが出るんだし)。

【MAZDA】「マツダ アクセラ」を一部改良|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする