マツダ、新型RX-7を2017年の東京モーターショーで披露するとの噂

Ads by Google

マツダRX-7/RX-8後継車の予想CG

マツダが2017年の東京モーターショーで新型ローターリーエンジン車を「RX-7」として発表するようだと海外メディが伝えています。

どうやらドイツのメディアがネタ元のようですが…バルセロナでのイベントでマツダの藤原大明神が話した事になっています。

Da freuen sich die Wankel-Freunde: Mazda-Entwicklungschef Kiyoshi Fujiwara hat am Rande einer Veranstaltung in Barcelona offiziell bestätigt, dass die Japaner auf der Tokio Motor Show im Herbst 2017 einen neuen Sportwagen mit Wankelmotor vorstellen wollen.

Mazda RX-7 2017: Nachfolger für Wankelmotor-Sportwagen RX-8 – autozeitung.de

記事中に藤原氏の言葉を全く引用していないですし、RX-7と言う名称を使う点もちょっと曖昧な書き方になっているように思います。

2017年に新型ローターリーエンジン車が登場するという話なら、約2年前にこのような記事も出ています。こちらもマツダ関係者の話です。

これは10月31日、オーストラリアの自動車メディア、『THE MOTOR REPORT』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたマツダのスポーツカー担当主査、山本 修弘氏は、「次期RX-7を2017年に発表する計画だ」と明かしたというのだ。

山本氏によると、「16X」と呼ばれる次世代ロータリーエンジンを次期RX-7は搭載。排気量は『RX-8』の1.3リットルよりも大きい1.6リットルの直噴自然吸気ユニットで、SKYACTIVなどの最新テクノロジーを導入。欧州で2015年から施行される排出ガス基準、「ユーロ6」を満たしながら、300psレベルの最大出力を引き出すという。

マツダ RX-7、2017年に復活へ…開発主査が明言 | レスポンス

いきなり「クルマとして」登場するのか、MX-5の時のように小出しにしながら、ショー当日に全体像を明かすのか…今年のモーターショーで要素技術の展示を行って、新型ローターリーエンジン車の登場を予告しながら、2017年を迎えるほうが、ユーザーサイドしては、楽しめるかな??

どうせなら、水素/ガソリン併用のシステムを載せて、ローターリーエンジンのアドバンテージを見せつけて欲しいです。トヨタやホンダに先行されたままというのも面白くありません。

その会社の技術の粋を集めた、メーカーを象徴するモデルが登場するなら大歓迎です。

さて、この噂の真偽は??

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする