マツダ アクセラXD(SKY-D 2.2)は「長距離を走るならベストな1台」実燃費レポートから

Ads by Google

マツダ アクセラXD

マツダ アクセラXD

オートックワンにアクセラXD(SKYACTIV-D)を「高速道路」「郊外路」「市街地」で走らせた時の実燃費レポートが掲載されています。

実燃費レポートシリーズです。私はCX-5 XDのユーザーなので、アクセラXDがi-ELOOPの効果も含めて、どう評価されているのか興味があります。

アクセラXDのカタログ燃費は、

  • 6MT:21.4km/ℓ
  • 6AT:19.4km/ℓ

ですが、アテンザセダンは、

  • 6MT:22.4km/ℓ
  • 6MT:20.0km/ℓM

と、ボディーサイズや車重からするとアクセラの燃費はイマイチな数字に見えますが、セッティングの違いとマツダの人が言うので、ちょっと残念ですがそういうことらしいです(汗)。

高速道路の印象

  • このクラスのクルマで長距離を走るならベストな1台
  • 動力性能が高い。アクセラスポーツ XDはCX-5やアテンザ以上にパワフル
  • 瞬時に必要なスピードに加速する瞬発力を持つ
  • 巡航中には「持っているパワーを少しだけ使って走る」という余裕、ゆとりを楽しめる
  • 走り出せばディーゼルということすら忘れるほど静か
  • 先行車追従型のレーダークルーズコントロールの完成度の高さ
  • 燃費と動力性能のバランスを考えても文句のない数値

郊外路の印象

  • 安くはないけど、ディーゼルエンジン搭載車がアクセラスポーツのベストである
  • ハンドリングと乗り心地が良い
  • すべてがごく自然で、それだけに運転操作通りにクルマが反応してくれ、運転が楽しい
  • 乗り心地は「中身がギュッと詰まった」ドッシリとしたフィーリング
  • もう少し小さな凹凸に対するフラット感、落ち着きのようなものがあればさらに良かった

市街地の印象

  • 普通に乗っていると2000回転弱でシフトアップされる
  • シフトアップとシフトダウンはどちらも「スパッ」と歯切れのよい素早いもので、乗っていて気持ちがいい
  • それほど速度が出ない市街地路などでは5速までで走ることが多く、「シフトアップが遅い」と感じることもある
  • 一時停止などで不要なアイドリングストップが起きないという意味では好ましい

肝心のアクセラXD(6AT)の燃費は

高速道路 郊外路 市街地 総合
21.3km/L 16.6km/L 13.2km/L 16.5km/L

アクセラでもカタログ数値を出すのは、難しいことではないみたいです。

まとめ

  • 「輸入車に対抗できるこのクラスの日本車」という期待を裏切らないクルマ
  • ランニングコストという面でも非常に魅力的
  • 可能であれば6速MTを勧めたい。理由としてはATだとシフトアップするスピードとの関係で、燃費が若干伸びないケースもあるが、MTならドライバーの裁量でシフトアップができる
  • 必要な装備を厳選した買いやすいアクセラスポーツディーゼルも欲しい

このレポートでもふれていますが、グレード展開が無理だとしても、少なくともLパケ相当の高額装備のレスオプションを設定するモディファイを早々に実施して欲しいですね。

【燃費】マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート/永田恵一 【オートックワン】
マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート 【オートックワン】
マツダ CX-5 スカイアクティブ-D(クリーンディーゼル) 燃費レポート 【オートックワン】

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする