マツダがMazda2とMazda3の間を埋めるグローバルモデルを開発中か?

Ads by Google

Motor Trendによると、マツダがMazda2よりもひと回り大きいグローバルカーを欧州の拠点が中心となり開発しているそうですが、元ネタはホリデーオートの記事でした。

跳のボディーサイズが、Mazda2を示唆するものとしてはちょっと大きすぎるのではないか、という点も含めて何か別の車を作っているとしており、2015年のジュネーブモーターショーでデビューするだろうしています。

次期MX-5のようにシグネチャーウィングを使わないフロントデザインになるだろうしていますが、ホリデーオートが作ったCGは、マツダと分からないデザインに見えるので、これはないと思います。しかし「シグネチャーウィングは、表現の一つで、これにこだわらない」とデザイン関係者も言っているので、方向性はあるかも、とは思いますけど…。

ホリデーオートに記載の予想CG

ホリデーオートに記載の予想CG


ホリデーオートの記事で、「国内では、実質的にベリーサ後継になる」としています。その車格に対してSKY-D2.2を載せるとか無理があるのでは?、といろいろ突っ込みどころはあります。

Mazda Working on Car to Slot Between Mazda2, Mazda3 – Motor Trend WOT.

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする