新型マツダスピードアクセラへの期待が高まる

Ads by Google
Mazdaspeed 3

Mazdaspeed 3

メルセデス・ベンツから可変トルク配分型四輪駆動システム「4MATIC」を搭載し、AMGが開発の初期段階から携わったハイパフォーマンスモデル「A 250 SPORT」を発表しました。

やはりクラス最強モデルは必要ということです(?)。新型アクセラにもハイパフォーマンスモデルの登場が期待されます。

以前にも、「新型マツダスピードアクセラは全輪駆動になる?」という投稿をしました。今回ベンツから発表された「A 250 SPORT」のリリースにあるようにハイパフォーマンスモデルの駆動系の一つの回答として全輪駆動があるならば、新型マツダスピードアクセラでも、と期待してしまいます。

Car and Driverでは、2015年から2018年に登場が期待されるモデルとして、Mazdaspeed 3を取り上げ、VW GOLF GTIやスバルWRXに対抗し、SKY-G 2.5を積みブランドを代表するスポーティーモデルになるだろうしていますが、いったいどうなるでしょうね。

さらに今回、可変トルク配分型の四輪駆動システム「4MATIC」を搭載、あらゆる路面状況において常に最適なトラクションを発揮することで高い操縦性と走行性能を実現し、Aクラスがもつダイナミズムをよりいっそう具現化したモデルとなりました。

「4MATIC」は、前輪駆動車のために設計された可変トルク配分型フルタイム四輪駆動システムです。電動油圧制御式のマルチディスククラッチによって、前後トルク配分を100:0~50:50の間で連続的に変化させ、常に最適な操縦性と走行安定性を確保します。

「A 250 SPORT」のリリースから一部抜粋

A 250 SPORT

A 250 SPORT

A 250 SPORT

A 250 SPORT

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする