マツダ、2016年3月期までにSKYACTIV技術を搭載した5車種を投入すると予告

Ads by Google

マツダは、今日発表した『マツダ、SKYACTIV技術搭載車のグローバル生産台数が100万台を突破』のニュースリリースにおいて、新たに5車種の新型車投入を予告しました。

2016年3月期までにSKYACTIV技術を搭載したモデルを更に5車種投入する予定であり、引き続き更なるラインナップの拡充に努めていきます。

【MAZDA】マツダ、SKYACTIV技術搭載車のグローバル生産台数が100万台を突破|ニュースリリース

新型車の投入のおおまかな数と時期については、これまでに「マツダが経営方針で予告した新型投入「8車種」も残すところあと4車種」でもふれています。

これまでの海外での記事などを総合すると、今のところこのような予定でしょうかね。

  1. CX-5(発売)
  2. Mazda6(発売)
  3. Mazda3(発売)
  4. Mazda2(跳を発表 2014年8月)
  5. B-segment SUV -> CX-3(2014年→2015年早々)
  6. D-segment SUV -> CX-9(2015年)
  7. MX-5(2015年)
  8. Mazda5(2016年)

MPVがCX-9に吸収されるとかされないとか…。

それはそうと、デミオのディーゼルモデルを早く試乗してみたいです(気が早すぎますかね)。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする