マツダCX-5の中国仕様は国内仕様より半歩進んでいる?

Ads by Google

マツダCX-5の中国仕様

マツダCX-5の中国仕様

長安マツダ汽車で生産しているCX-5は、国内仕様より低燃費技術や安全装備、ユーティリティーなどで国内仕様より充実しているように見えます。

外観や諸元表から分かる装備の違いは、

  • ヘッドランプウォッシャー
  • ルーフレール
  • バックフォグランプ
  • AWDエンブレム
  • i-ELOOP

なかでも、i-ELOOPの装備が目を引きます。同じエンジン(2.5ℓ AWD 6AT)同士で燃費を比べると、

7.7ℓ/100km(12.98km/ℓ) → 7.5ℓ/100km(13.33ℓ/km)

と、約3%燃費が向上しています(案外伸びが少ないな)。

cx-5.changan-3

諸元表が中国語の画像なので、解析できないのが残念。それでも、もしかしたらマイナーチェンジの内容が分かる…かも。ページのキャプチャーをいくつか載せます。

ちょっと分かり難いですがエンジンスタートスイッチやエアコンベゼルがメッキパーツであったり、豪華仕様になっているのは中国ならではでしょうか。
cx-5.changan-2

もしかして、遮音材の材質が違っていますか?
cx-5.changan-7

オートワイパーはありますが、SCBSの設定はないようです。
cx-5.changan-8

Mazda CX-5

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする