IIHS 2014 TOP SAFTY PICK+ を獲得しているマツダCX-5のスモールオーバーラップテストを見ると

Ads by Google

マツダCX-5のスモールオーバーラップ試験

マツダCX-5のスモールオーバーラップ試験

マツダCX-5は既に2014 TOP SAFTY PICK+ を獲得していますが、CX-9が最低の評価だったのでもう一度CX-5の動画を振り返ってみました。


衝突後、前輪がボディーにめり込んでいるように見えますが、ドライバーへの影響は最小限なんですよね。CX-9と比べるとAピラーから前の部分だけが潰れていて、キャビンがしっかり残っています。

こうして比較すると、スカイアクティブ技術により安全性が飛躍的に向上していることが分かります。

2013年の同じ試験の動画と比較すると、カーテンエアバッグの展開タイミングが2014年の方が速いですね。これはたまたまなのか、設定を変更したのか気になります。

CX-5にはいまだに「SBS」が装備されていません。IIHSでも「High-speed autobrake」で0ポイントのままです。CX-5は今年で発売後2年目ですから、そろそろマイナーチェンジでMRCCと一緒に安全性の向上を図って欲しいです。

Vehicle details

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする