[感想]マツダ アクセラXDを試乗してきました

Ads by Google

自分がCX-5 XD AWDの初期型に乗っているので、その比較という面で感想を挙げたいと思います。ただ、ディーラの一般的な試乗経路をささっと走っただけです。

今回試乗するにあたっての一番のポイントは「静粛性」です。普段からCX-5の静粛性には不満があるので。

やっぱり静かだ

エンジンを掛けたアクセラXDのそばに近づいても、ディーゼルエンジン特有のカラカラ音がとても少ないですね。ここからしてCX-5と違います。

走りだしても、静かです。エンジン音というよりは、ロードノイズが少ないんですね。タイヤによっても違いますが、それにしても静か。

加速が穏やか?

これも走りだした瞬間に感じたのですが、アクセルに対する応答=加速がとても穏やかに思います。ぐって踏んでも「ブォ〜」ってトルクが沸き起こってこないんです。CX-5だとちょっと踏み方を”間違える”とターボが効いて「をいをい」と突っ込みたくなる程回るのですが、それがなかったです。

そのお陰か、交差点で左折した時の減速から加速のつながりでギクシャクする感じが少なかったです。CX-5はとにかくギアを落としたがる傾向があるので、アクセラの方が乗りやすいです(CX-5の取説には、変速ポイント速度が載っているのですが、アクセラの取説にはないですね)。

気持よく加速しようとすると制限速度オーバーになりそうなので、市街地ではSKY-Dの実力のほんの一部しかわからないのは、これまでの車種と同じです。

SKY-D搭載初号機と参号機の違い

アクセラのボディーにSKY-D 2.2は、ちょっとオーバースペックに感じます。なにより車重が増えた分軽快感が少なくなったのは、デメリットの一つだと思います。ただ、このボディーにこのスペックのエンジンを積むことでしか味わえない世界もあることも確か。それでも大トルクをもっと活かすならAWDの搭載も考えて欲しいです。

同乗した営業の方とも話したのですが、このXDはLパケ相当なので、標準的なグレードは拡販の上では必須ではないかと。ディーゼルエンジンの良さを味わうならCX-5の方がコストパフォマンスに優れていると思います。この辺りは同価格帯の輸入車と国産車の比較に似ています。要は価値をどこに見出すか、ですね。

アクセラに乗ってCX-5のアラがさらに見えてしまいました。さすがにアテンザXD程の静粛性を求めませんが(アテンザとはエンジン型式も違うし)、CX-5は車格に見合った静かさは欲しいです。CX-5の初期型との比較のだからかもしれませんが、エンジンを回すことに関わる操作性については、アクセラの方が熟れた印象がします。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする