マツダ、小型SUVを年内に発売という日経の記事。新型デミオ、CX-3、CX-9の話題

Ads by Google

おおっ!なんというタイミグ(笑)。日経でマツダの直近のSUV動向について書かれています。新型デミオ、CX-3、そしてCX-9の国内投入の話まで!

マツダは小型の多目的スポーツ車(SUV)を開発し、2014年中に国内で発売する。独自の環境技術を採用し、価格は最安で100万円台後半に抑える見通しだ。現在海外だけで販売している大型SUVも国内に投入。15年までに国内のSUVの品ぞろえを1車種から3車種に増やす。13年のSUVの国内販売台数は前年比7.2%増と新車全体が横ばいのなかで好調。成長分野の需要取り込みを急ぐ。

マツダ、小型SUV年内発売 100万円台後半:日本経済新聞

記事では他に、「新型デミオをフルモデルチェンジして今夏に投入」などと書かれていますが、CX-3については、

  • 新型デミオをベースに開発
  • 魂動デザイン

  • ディーゼルエンジンも搭載
  • 最も安いグレードで100万円台後半に
  • 小型車の人気が高い欧州や新興国でも販売

と書かれており、おまけにCX-9をフルモデルチェンジを機に日本国内にも投入すると、しかも2015年にとしています。もちろん新型車はフルスカイアクティブ採用です。

北米、オーストラリアなどで販売している大型SUV「CX―9」を15年にも国内に投入する。同車種は3列シートの7人乗りで大型車が好まれる北米などで人気だが、日本市場では発売していなかった。発売から7年がたっており、次の全面改良を機に日本でも発売する。新開発の小型SUVや全面改良するCX―9には独自の環境技術「スカイアクティブ」を全面採用する。

日経の飛ばし記事でないことを祈りつつ、案外早い登場を心待ちにしたいと思います。
記事は有料会員向けとなっていますが、とりあえずは無料の会員登録で全文を読めます。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする