マツダ、タイのCX-5試乗会で小学校に水飲み場や文房具を寄贈

Ads by Google

チーター柄のCX-5

CX-5のデザインモチーフとなっているチーター模様のスペシャルバージョン

レスポンスの記事ですが、なんだかいい話なのですが、試乗会と寄贈の結びつきがいまいちピンときませんね。

マツダは、タイ東北部のチェンマイ~チェンライで『CX-5』のメディア試乗会を実施。途中、タイ東北部の山岳民族の小学校に立ち寄り、子どもたちと交流を深めた。

マツダセールス(タイランド)社は校庭に水飲み場を建設するとともに、文房具やスポーツ用具を寄贈。水飲み場は、SKYACTIV技術にちなんで、スカイブルーの壁面に白い雲が描かれている。

マツダ、タイのCX-5試乗会で小学校に贈り物…水飲み場や文房具 | レスポンス

寄贈された水飲み場

寄贈された水飲み場

CX-5は2013年11月7日から、タイ初のSKYACTIV搭載車として発売が開始されていて、タイ市場向けのCX-5は、隣のマレーシアで組立生産されているそうです。すると、部品は日本国内で製造か。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする