マツダ、新型CX-3にトルクアップしたSKY-Dを搭載するもSKY-Gはパワーダウン

Ads by Google

CX-3_white-2

試乗会が行われたらしいオーストラリアからのレビューによると、デミオに積まれているSKY-Dとはスペックが異なるようです。そして、SKY-Gも…。

CX-3に搭載されるSKY-G 2.0とSKY-D 1.5のスペック

CX-3(豪州)アクセラCX-3(豪州)デミオ
エンジンSKY-G 2.0SKY-D 1.5
最高出力(kW/rpm)109/6,000114/6,00077/4,00077/4,000
最大トルク(Nm/rpm)192/2,800196/4,000270/1600-2500250/1,500-2,000

SKY-D 1.5は、20Nmほどトルクアップして、最高出力は77kWのままですが、なんと、SKY-G 2.0は、トルク・最高出力とも減っています。その減り方もなんか中途半端。低回転でトルクをのピークを出そうとしたからでしょうか?

豪州だけでなく、国内向けのSKY-D 1.5もトルクを増した仕様になるのでしょうかね。

やっぱりCX-3はロードノイズが大きい

CarAdviceのレビューでも、ロードノイズの大きさを指摘しています。装着しているタイヤは、18インチは扁平率50%のトーヨー製(215/50R18)、16インチは扁平率60%のダンロップ製(215/60R16?)です。

Mazda CX-3 Review | CarAdvice

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする