「水素社会」に向けて、マツダの答えはやっぱりロータリーエンジン?

Ads by Google

FCV(燃料電池自動車)に関して、トヨタがついに12月に発売、ホンダも2015年度内には発売するような雰囲気になっています。で、マツダはというと2006年には水素ロータリーエンジンを載せたRX-8を作るなど研究開発していましたが…。


現在は、ロータリーエンジン自体は「開発を続けるが、車に仕立てることはしない」というスタンスらしいのですが、「水素社会」に向けてマツダが用意できる答えの中で、一番確実なのは、研究開発していた「水素ロータリーエンジン」で直接走らせるか、レンジエクステンダーとして使ってモーターを駆動する方式だと思われます。

マツダのホームページには、【MAZDA】水素とロータリーエンジン|ロータリーエンジン というページがあり、当時の開発のあとを読むことができます。

当時のニュース映像や試乗動画もありました。この時は現行エンジンを流用するので、水素ロータリーエンジンは低コストで普及に近いと報道されています。問題は水素ステーションや水素の供給コストだとされていますね。


10年近く前の話ですが、話されている課題は今と大差ないですね。どれだけ遅々として進んでいないかが分かります。

ニュース映像では、マツダの水素ロータリーエンジンの技術はほぼ確立されていると話されいます。すると、状況次第では、「水素社会」に向けてふんどしを締め直す時が来るかもしれないです。水素自動車とインフラ整備を先に進めるにも低コスト化は大きな鍵です。「水素ロータリーエンジン」がその鍵の一つとして再認識されることを期待しています。

【MAZDA】マツダ、世界で初めて水素ロータリーエンジン車 「RX-8ハイドロジェンRE」 をエネルギー関連企業に納車|ニュースリリース
トヨタ・ホンダが相次いで燃料電池車を発表、果たして燃料電池車は普及するのか?/国沢光宏 【オートックワン】

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする