[ロサンゼルスモーターショー2014]マツダ、マイナーチェンジしたCX-5を公開(更新)

Ads by Google

Mazda6aqefqefqfaceliftbgngt-02

マツダは、グリルを変更やMRCCを採用するなどマイナーチェンジしたCX-5をロサンゼルスモーターショーで公開しました。


今回のマイナーチェンジの主な変更点

  • 19インチアルミホイールを、立体感のある造形に切削加工したデザインに
  • 新開発のソニックシルバーメタリック、チタニウムフラッシュマイカを追加して全8色を展開
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)の採用
  • 「Mazda Connect(マツダ コネクト)」の採用
  • 本革内装にピュアホワイトカラーを追加
  • 前後シートの構造を変更してフィット感やホールド性向上
  • 収納スペースをそれぞれ拡大して利便性を向上
  • ガソリンエンジンの6速AT車に走行モードの切り替えが行える「ドライブセレクション」を採用
  • 4WDシステムで新開発の低粘度化学合成オイルを採用
  • 新構造の前後ダンパーやフロントロアアームのブッシュ形状の変更などによってフラットな乗り心地を実現
  • 高速走行時における車内に入る騒音を約10%低減するといったNVH(騒音、振動、乗り心地)対策
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)、ドライバー・アテンション・アラート(DAA)を採用
  • マツダ・レーダ・クルーズ・コントロール(MRCC)、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)を導入



Mazda Freshens Up 2016 CX-5 for LA Auto Show
マツダ、LAオートショーで改良型「CX-5」をワールドプレミア – Car Watch

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする