マツダ、次世代ヘッドライトも幅広い車種に採用

Ads by Google

マツダがCEATEC JAPANで披露した次世代ヘッドランプ技術、アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)を「なるべく多くの車種に採用」との意向を示しているそうです。

ALHのユニットや点灯中の写真などが公開されました。それを見ると従来と殆ど変わらないデザイン、サイズにもできるようなので、場合によってはマイナーチェンジから採用できるかもしれないですね。

mazda-alh-1

mazda-alh-2

mazda-alh-3

mazda-alh-4

「マツダが開発したこれまでのハイビームコントロールシステムは、先行車や対向車がいる場合にハイビームをロービームに自動で切り替えるというものだった。ALHは、フォワード・センシング・カメラで取得した自車から先行車や対向車がいる方向の角度情報を利用し、LEDの消灯と連動させている。ALHはマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の延長として開発したもの。運転中のドライバーに適切に『認知/判断/操作』を行ってもらいたいという、マツダの安全技術に対する考えが反映されている」(マツダ担当員)。

ALHの市場投入については「時期はまだ未定。一部のグレードの車種のみに搭載するのではなく、なるべく多くの車種に採用したいと考えている」としている。

CEATEC 2014:マツダが新世代ヘッドランプを披露、LEDアレイの採用で自動ハイビームが進化 – MONOist(モノイスト)

見た目では、アウディとはまったく違っていましたね。これならアテンザがマイナーチェンジで採用してもおかしくない見た目ですね。まずは、上級車・上級グレードに標準設定、それ以外でオプション設定のような感じでスタートして、コストが下がってきたら標準設定が増えるのかな。

こういった作動説明の動画が作成されるものだとばっかり思っていたのですが…。BMWはユニットが左右に動くので、これとも動作は違いますが、幻惑を防止しながらハイビームを使う機能は同じです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする