マツダ アクセラとデミオが2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされる

Ads by Google

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車が発表されました。マツダからはアクセラとデミオが、スバルからはレヴォーグとWRXシリーズが選ばれています。

日本カー・オブ・ザ・イヤーの目的とは、

市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定し、そのクルマに日本カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを与え、その開発・製造事業者を称えることにより、一層の性能・品質・安全の向上を促すと共に業界発展と地球環境保護、交通安全に寄与する。

でも、「日本」と言いながらマセラティ・ギブリをノミネート車に加える意義ってなんでしょう?

新型デミオが大賞を受賞するのではないかと、もっぱらの噂らしいです(笑)。

このあと、10月8日に10ベストが発表され、10月13日に東京モーターフェス2014会場内で発表・表彰が行われます。

日本カー・オブ・ザ・イヤーも、どちらかと言えばマツダには縁がない賞ですね。あ、CX-5の受賞記念品、結局もらえずじまいか…こういう「抜け」があるのがマツダという会社なのですかねぇ?

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト|第35回 ノミネート車

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする