マツダ新型デミオがグッドデザイン・ベスト100に選ばれる

Ads by Google

新型デミオが2014年度グッドデザイン賞のベスト100に選ばれました。グッドデザイン特別賞はこの100件から選ばれます。

グッドデザイン・ベスト100とは、

グッドデザイン・ベスト100は、2014年度グッドデザイン賞受賞対象の中でも、成熟分野での高度なものづくり、成長分野におけるデザインの可能性などの観点において、明日を切り拓く力をもつ、未来を示唆するデザインとして、審査委員会により特に高い評価を得た100件です。


新型デミオに対する審査委員の評価は、

マツダが数年前から展開している「魂動(こどう)デザイン」をコンパクトなボディに凝縮。疾走する猛獣を思わせる緊張感あふれる面の張り、スピード感あふれる線の動きは、5ナンバー枠内で構築したとは思えぬほど躍動的である。インテリアはクラスの水準を抜く質感の高さもさることながら、前輪の位置を従来より前に出すことで、サイズを忘れさせる自然な運転姿勢を実現。「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」のひとつであるクリーンディーゼルエンジンとともに、人間が自らの意志で手足を動かし目的地を目指すという、自動車の根源的な喜びを五感で堪能できる


ちなみに、マツダはグッドデザイン賞とはあまり縁が無いようで、デミオの前は2008年の「マツダ アテンザ スポーツワゴン」まで遡ります。新世代商品群のCX-5やアテンザは受賞していなかったんですね、ガッカリ。

普通乗用車 [デミオ] | 受賞対象一覧 | Good Design Award

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする