「マツダ=クリーンディーゼル」が定着か?新型デミオの受注の7割がSKY-D 1.5

Ads by Google

産経新聞が伝えるところでは、マツダ新型デミオの受注の約7割がクリーンディーゼルが占めているそうです。さらに、受注開始から半月で月販目標を超える注文を受けているとのこと。

マツダからのアナウンスはありませんが、新型デミオの注文は、受注から半月で月販目標5,000台を超える7,000台以上になっているそうです。ざっと月販目標の2.8倍になりますね。

また、受注の7割がクリーンディーゼル車らしいです。この辺りは、CX-5やアテンザと似ていますね。

これまでの1ヶ月間の受注状況を振り返ってみると、

  • CX-5:月販目標の8倍/8,000台
  • アテンザ:月販目標の7倍/7,300台
  • アクセラ:月販目標の5倍/16.000台

これから比べると、デミオの2.8倍は低い数字ですね。マツダから正式なアナウンスを待ちたいところ…。

ところで、今は「工場出荷の目処の案内」が無いんですね。へぇ〜

マツダ「デミオ」好調 新型ディーゼル搭載車、受注の7割占める 1/4ページ – SankeiBiz(サンケイビズ)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする