マツダ新型デミオ(市販モデル)試乗レポート、「間違いなくこれまでの国産コンパクトの枠を超えている」

Ads by Google

またまたべた褒めな新型デミオの試乗レポートです。既に予約した人にとっては「良い買い物をした」と安心と満足感をたっぷり得られそうです。デミオが少しだけ気になっている人には「まじで?」と俄には信じられないかも。

記事から気になったポイントを拾い出してみます。

クラスにこだわらず、クラスの壁を破るクルマを、一切の妥協を廃して創りあげました。目的ですか? そりゃもう、デミオを運転するすべてのお客様を笑顔にするためです!

結論から言ってしまおう。新型デミオは、間違いなくこれまでの国産コンパクトの枠を超えている。しかもそれはハードウェアにとどまらず、デザイン、質感、乗り味といった、数字では表せない感性領域にまで及んでいる。デミオの魅力を理解するためには、大前提として従来の国産コンパクトカーとは似て非なるものであるということを認識し、そのうえでつぶさに観察していくことが必要だ。

デミオ量産モデル試乗。完成度は国産ライバルを圧倒 – 試乗レポート – carview! – 自動車

エクステリアデザイン

  • こんな素敵なクラスレス感を味わわせてくれるコンパクトカーはいままで日本車にはなかった。

インテリアデザイン

  • とくに気に入ったのが、シート、ダッシュボード、ドアトリムにオフホワイトを使ったLパッケージ。とても寛げるし、何よりセンスがいい。
  • センターコンソールパネル下端にはアクセサリー端子を用意しているのだが、ムキ出し感が強すぎて全体の上質感をスポイルしている。
  • シボ合わせももう1段階引き上げたいし、ルーフトリムも不織布ではなくニット地を使って欲しかった。
  • いずれVWポロに並ぶ質感を実現してもらいたい。
  • 数少ない弱点になりそうなのが室内スペースだ。
  • 広々感をプライオリティの上位に置いたクルマ選びをするなら、新型デミオは選択肢からはずれるかもしれない。

ロングドライブ性能

  • シートに座ってステアリングを握り、ペダルに足を乗せると、コンパクトカーとは思えないゆったりした感覚を味わえる。ペダルのオフセットがなく、きちんとしたドライビングポジションを取れるためだ。


1.5LディーゼルMT

  • ターボラグも、ないといえば嘘になるが許容範囲内。慣れてくればアクセルを踏み込むタイミングと量で思い通りの加速を思い通りのタイミングで得られるようになる。

1.5Lディーゼル6AT

    ディーゼルを選ぶのであれば僕なら6ATを選ぶ。

  • 太い低中速トルクとロックアップ領域の広いダイレクトな6ATとの相性がとてもいい
  • ディーゼルを積んだCX-5よりも車内は静かなほど。
  • 高速道路をゆったり巡航すればカタログ燃費(MTが30km/ℓ、ATが26.4km/ℓ)は十分狙える

少なくとも高速道路での燃費ならハイブリッド車に負けていないわけだ。それでいて2L超級の余裕の走りが手に入るのだ。ロングドライブをする機会が多いなら、新型デミオは圧倒的なアドバンテージをもっている。

1.3Lガソリン

  • 好印象だったのは5MT。ATでも過不足なく走るが、少しペースを上げて走ろうとすると、トルクの細さを回転数でカバーするために回転が上がる。複数乗車の上り勾配などではキックダウンも頻繁に起こる。
  • ディーゼル車よりも遮音材が少ないため、回転上昇時のエンジン音もやや気になった。

上質な乗り心地

  • 肝心要のボディ剛性がしっかりしている。そこにしなやかに動く足を組み合わせた結果、従来の国産コンパクトカーの常識を破る上質な乗り心地を実現しているのだ。
  • CX-5以降のマツダ車はさらに高い次元のハンドリングを追求している。クイックさではなく、いかにしてドライバーの狙い通りにクルマを動かすか。この点において新型デミオの実力はそうとうなレベルに達している

まとめ

  • インテリアの質感やステアリングフィールの滑らかさなど、このクラスのベンチマークカーであるポロに及んでいない部分はあるが、価格差を考えれば新型デミオのコストパフォーマンスの高さは文句なしに高い。
  • 一方、国産ライバルとの比較においては、広さやカタログ燃費ではなく“質”に着目するなら新型デミオは抜きんでた存在だと断言できる。

果たして日本のライバル各社は新型デミオをどう受け止めているのだろうか。もし脅威を感じて追随することを選択すれば、日本のコンパクトカーの実力は大きくジャンプアップすることになるだろう。そういう意味でも、新型デミオの意義は大きい。


いよいよ明日26日からガソリンモデルが発売になるので、もしかしたら評価の方向性が少し変わるかも知れませんね。あまりに褒め過ぎな評価は、私ならかえって信じられなくなります。札幌で試乗できるのはいつからかなぁ?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする