マツダ新型CX-3の北米版は、SKY-G 2.0を搭載

Ads by Google

マツダCX-3の予想CG

マツダCX-3の予想CG

マツダが来年早々に国内投入を計画している小型SUV CX-3は、北米では来年の6月頃にSKY-G 2.0を載せて販売になるようです。

マツダは今のところ北米向けには、SKY-D 2.2を投入できていません。噂ではMazda6のマイナーチェンジに合わせてようやくディーゼルエンジンを載せて発売するようです。

北米向けの現行型Mazad2は、1500ccガソリンエンジンを載せており、Mazda3も国内とは違い2000ccと2500ccのラインナップになっています。

こうした事情に加えCX-3のライバルとなる日産JUKEの北米仕様は1600cc DIGターボ仕様で191PS/24.5kgfmを発揮します。とてもSKY-G 1.5では数値的に(営業的にも)非力となるためか、SKY-G 2.0を載せるようです。

SKY-D 1.5が北米に出せる性能が確保されていれば、また事情が変わってくるかもしれないですね(ディーゼル人気も少しずつ高まっているようですし)。

Mazda making big changes fast
2014 Nissan JUKE Crossover Specs | Nissan USA
2014 Mazda3 Sedan Specifications & Features | Mazda USA

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする