マツダ、旧型車販売が奏功、中国での自動車販売が好調

Ads by Google

ruiyi中国汽車工業会が発表によると、マツダの中国市場における7月の自動車販売台数が、前年同期比36.4%増の15,934台に達したそうです。

中国メディアの華夏時報は、「日系自動車メーカーの販売台数が下振れするなか、マツダが販売を伸ばしている」と報じたそうです。

記事は、北京市内にあるマツダの販売店を訪れたところ、客足が絶えず、販売員が接客に忙殺されていたと紹介。さらにマツダの販売店の関係者が、「全国規模で見れば販売は安定している。アテンザのブランドイメージが今後さらに成熟し、クロスオーバーSUVのCX-7が発売されれば、下半期にはさらに良い結果を得られるものと信じている」と述べたと紹介した。

中国ではアテンザの歴代3モデルを同時に販売しているが、記事は「一部の客は旧モデルがお気に入りのようで、北京市内の販売店では販売の半分がアテンザの旧モデルだ」と伝えた。一方で、アテンザの旧モデルが支持され、良好なクチコミを形成できたことから新型アテンザの販売も好調なのだという。

mazda6.cnatenza.cnこちらから三世代のMazda6・アテンザが販売されているのを見ることができます。2012年型2013年型2014年と、それぞれが、カタログモデルなんてとても珍しい、ある意味中国的です。

ちょうと8月22日にCX-7のリリースが出されたばかりです。

中国仕様CX-7

中国仕様CX-7

企业新闻 – 一汽马自达官方网站.

サーチナ|マツダが中国市場で「孤軍奮闘」 日系メーカーは総じて苦戦も=中国メディア

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする