もう一台のマツダCX-5のテスト車からマイナーチェンジを考える

Ads by Google

2016-mazda-cx-5もう一台のCX-5のテスト車両とMotor Authorityの記事からどのようなマイナーチェンジになるか見てみます。

ぱっと見で分かることは、

  • ヘッドランプ
  • グリル(Mマークが替わっているのでMRCCあり?)
  • フォグランプ
    change-1

  • テールランプ
    change-3

  • サイドミラー
    change-4

この他、インテリアを見てみると、

  • ナビ周りが変っているかも?
  • エア吹き出し口にメッキ追加
    change-5

そして、テスト車両にはヘッドアップディスプレイはありません。

    no-change-6

グレーのアルミホイールって今でもありましたっけ?

    change-2

Motor Authorityの記事では、2016年モデルとして2015年の秋に市場投入されるのではとしており、マツダコネクトが採用され、11月のロサンゼルスモーターショー(11月21日から30日)で公開される…と書かれていますが、2015年の秋発売なのにそんなに早く公開するのでしょうかね。

マツダコネクトだけが採用され、ヘッドアップディスプレイが無いとかちぐはぐですね。別の機会にテストされているのでしょうか。それに、2015年秋なんて悠長すぎます。4年サイクルなら今年の秋なんですけど…ホントいつ登場するのでしょう?

2016 Mazda CX-5 Spy Shots

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする