マツダ、アクセラにMRCCなどを装備した「15S Touring」を追加。既存車種の安全装備も見直し

Ads by Google

15stマツダは、8月7日にアクセラにMRCCやSBSを標準装備した上級モデル「15S Touring」の追加し9月1日より発売すると発表しています。この他アクセラの安全装備の標準化なども行われています。

今回発表されたアクセラの変更内容の一部

「15S Touring」を追加(標準装備)

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)
  • アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
  • ディスチャージヘッドランプ/オートライトシステム/レインセンサーワイパー/フロントフォグランプ
  • ステアリングシフトスイッチ 等

15st-equipment

「20S Touring L Package」「20S Touring」「15S」に先進安全装備を追加

  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御と自動防眩ルームミラーを標準装備化。[15S]
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)と車線逸脱警報システム(LDWS)を標準装備化 [20S Touring、20S Touring L Package]
  • クルーズコントロールを標準装備化 [20S]

15S Touringの追加は、まぁ、良いとして、安全装備の追加設定は、何故発売当初からできなかったのか疑問です。CX-5でもSCBSが途中から標準化になりました。”隣の動向”を見て標準化に踏み切ったのでしょうが、マツダ流の「あるべき姿を目指して設計している」のであれば、最初から標準にしていたはずです。

このタイミングでの仕様強化にもかかわらず、2,000ccにはAWDが追加されませんでしたね。マツダは、アクセラにはスポーツ四駆は不要だと思っているのでしょうか。それとも別の機会に投入されるのかな?ちょっとイライラします。

SBSはMRCCを成立させる上での必須装備だから、今回は安全性向上のための仕様追加ではなく、本来はドライバーの負担軽減として謳われるべきなのに…だったら、歩行者を検知するタイプの衝突被害軽減ブレーキを開発しないさいって言うんだ!

【MAZDA】「マツダ アクセラ」を一部改良|ニュースリリース
【MAZDA】Sedan 15S Touring|グレード&価格|アクセラ
【MAZDA】Sport 15S Touring|グレード&価格|アクセラ

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする