新型デミオは「見ればカッコよく、乗れば楽しいクルマだ」

Ads by Google

demio-soulredそろそろ新型デミオのプロトタイプ・試乗レポートにも飽きてきました。どれも視点が似通っている上に記事の論調も同じですからね(正式な数値が出ていないのもありますが)。

マツダがまたやってくれた――新しいデミオ(海外名「マツダ2」)に試乗した瞬間の感想だ。2012年のCX-5を皮切りに、アテンザ(同「マツダ6」」、アクセラ(同「マツダ3」)と、スカイアクティブ・テクノロジーの搭載に伴ってラインナップを刷新し、そのどれもが高い評価を受けてきたマツダ。スカイアクティブの第4弾となる今回のデミオも、見ればカッコよく、乗れば楽しいクルマだ。

和製コンパクトカーの主流であるトヨタ・ヴィッツやホンダ・フィットは、室内の広さや効率の良さを前面に押し出しており、丸みを帯びている。実用性を優先したスタイリングだ。日産マーチや三菱ミラージュは、最近のコスト削減の要求を受けて新興国で生産しやすい設計に舵を切った。ゆえに、デザインや走行性能の両面で没個性の方向に向かっているのは否めない。

新型デミオに見る、マツダ快進撃のワケ | 自動車 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト


ただ、もの造り、車造りにおいてマツダの方向性は、きっと「大きな見返り」があるのではと記事を読んでいても感じますし、記事を書いている人も感じているのでしょう。日本メーカーでは、恐らく日産が「車ではない何か」を作るメーカーになってしまっているように思います。

ぼやきはともかく、マツダの開発が一巡して、二巡目に入る頃にはいったいどうなっているんだ?!という期待が、発表される新型を見るにつけ膨らんできます。それと当時にこの哲学がどれだけ「今の人達に受け入れられるのか」という不安もわいてきます。マツダの言わんとしていることを伝えきれるか…。

「Be a driver.」って伝わってますか?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする