マツダ新型デミオは「ほかにはないクルマ本来の走りであり、カッコ良さが追求できている」

Ads by Google

demio-redマツダ新型デミオは「フィットやイマドキの軽のようなビックリする広さは望めない」からこそ、レビューも車の本質に向かっていくのでしょうか。

「広くて、安くて、燃費がいい……我々はそういった血みどろの戦いにはあえて踏み込みませんでした。でも、リアに自転車がスッポリ載るとかトランク容量がいくつとかって、すごく分かりやすいじゃないですか。今も販売会社を回ると必ず言われます(苦笑)」

デミオは単なるいちモデルである以上に“日本で生まれ育ったマツダ”の存在を背負ったエース格。簡単には引き下がれないプライドを賭けた戦いでもあるのだ。

スペース効率で明らかにライバルに劣るデミオの魅力はなによりも走り。数値的にはハイブリッドと軽を除く、ナンバーワン燃費を目指しているという。

エッジが鋭い現行デミオもいいが、より塊感が増し、高級感すら感じられる。ズバリこれで150万円以下スタートだろうから、輸入車の半額と言ってもいい。

侮れないのがディテールだ。特にLED4灯タイプのヘッドライト内のクリスタルっぽいアクリル製ブロックがカッコいい。カッティングに凝っているだけでなく、厚みが十数ミリもあり、まさにクラスを超えたマテリアル感。

それからインテリアだ。デミオはそのあたりでのケチくささがまったくない。

デザイナーの柳澤 亮氏曰く、「のちに開発される方が良くなっているのは当然です(笑)」だそうだが、このあたりの下克上感は大メーカーではほとんどない。

今までの日本のコンパクトカーとしては規格外のクオリティーと言ってもいい。

ネットでの過剰反応や政治家の舌禍騒ぎもそうだが、日本の視点は時折極端に近視眼的に、ヘンになる。もっと豊かに広い目で見て考えれば、楽しいことはたくさんあるし、日本の技術や文化や気質もまだまだイケる。実際に新型デミオは、ほかの国産車はもちろん輸入車でも作れないレベルの、美しくて楽しく、しかも効率が良くてリーズナブルな商品になったではないか。

 これはおそらく日本以上に世界で評価されるし、認められるはず。今まではなにかとトヨタに追いつき、日産、ホンダに負けないことを良しとされた日本メーカーだが、そこから逸脱した考えであり、価値観であり、美意識が生まれたこと自体が喜ばしいと不肖オザワは考えるのだ。

 カッコ良くて楽しくて誰でも買いやすいクルマを出すマツダ。ぜひともこの路線で引き続き頑張っていってほしいと思うのであ~る。

マツダ・デミオ プロトタイプ、スカイアクティブ革命第2章始まる! 日経トレンディネット

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする