クラスの概念を打ち破るマツダ新型デミオ。開発リーダーにインタビュー

Ads by Google

価格.comマガジンに新型デミオの開発リーダーである、商品本部主査の土井歩氏へのインタビューが載っています。以前紹介した動画で語っていた人ですね。

ところどころ、土井氏の言葉を引用しています。

商品コンセプトは、ライフスタイルを刺激的にするとか、変えてしまうという意味の「インスパイアリング・ライフスタイル・コンパクト」というのがあるんですが、考え方や志の部分では、「クラスの概念を打ち破る」という思いでやってきました。

コンパクトカーとして守るべきところはきっちり守った上で、「コンパクトカーだからここはいいや」と言い訳していたところを極力なくして、かつ、「コンパクトカーなのに、そこまでやるか!」と。そういうことが「クラスの概念を打ち破る」ことにつながると思うんですね。そのフレーズを志として開発してきたんです。

今はブランドの基礎がようやくできつつある状況で、プレミアムというのはもってのほか。それは後からついてくるものだと思っていますので、まずは、きっちりクルマを作って品質を上げていく。プレミアムというのは、しっかりと品質が上げられた後に、お客様が認識してくれるものではないかと思うんです。

本当は「ロングレンジドライブ」を標榜していますので、MRCCやSBSもなんとかしたいと思いましたが、そこまで踏み込めなかった。それをつけると、ある程度の価格になりますので、本当にやっていけるのかどうか、あまり自信がありませんでした。ただし、つけられるようにはしてありますニーズがあれば、マイナーチェンジなどのタイミングでつけることができるんですね。「はい。」

ターゲットカスタマーは広いと言いましたが、やはり、コンパクトカーですから若い人にぜひとも乗っていただきたい。そして、運転はこんなに楽しいものなんだというのを味わってもらいたいなと思います。それと、今現在、無理して大きなクルマに乗ってらっしゃるお客様もいるんじゃないかなと思います。そんなお客様にも、クラスの概念を打ち破った新型「デミオ」に一度乗っていただき、選択肢に入れていただければいいなと思っています。

価格.comマガジン p2 常識を打ち破るマツダ新型「デミオ」


クルマの作り込み、価値というかバリューというか、そういうところに力を入れていないクルマが日本車には多くなってしまっている。感性の部分を捨ててカタログスペックの数字ばかり追いかけていると、アプローチが違う欧州車に太刀打ちできなくなる、そんな気がしています。

車の良さを説明するのは正直難しい。そこを端折るから「ただの移動手段としての乗り物」に成り下がるんです。

マツダの車に対するアプローチは、至極真面目。あとは「安全装備には国境がない」ということをわかって欲しいです(笑)。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする