[動画]NEW MAZDA DEMIO SPECIAL TEST DRIVE

Ads by Google

マツダ新型デミオのジャーナリスト向け試乗会の様子と合わせながら、開発過程、開発の狙い、仕上がりについてプログラムマネージャーの土井氏が語っています。なかなか好感の持てる内容と話し方だと思います。

「運転の楽しさと燃費を実現できた」
「コンパクトカーでクリーンディーゼルを入れるというのは初めてで…コンパクトなエンジンルームに押し込めるのは非常に大変だった」
「一番最初は、ハリボテみたい車でそれがだんだんだんだん良くなって今みたい形に出来上がってくると、おおっここまでいけたかという感じ」
「小さいエンジンですけど、抜群に加速する」
「今までのコンパクトカーのような狭っ苦しさは無いと思う」
「インテリアは、洗練されたようなイメージを実現したかった」
「質感もあげたい、素材もそう。かなりチャレンジしてきた」
「コンパクトカーなのにそこまでやるかという志を持って開発してきた」
「クラス概念を打ち破ることは実現できた。底を感じて欲しい」
と言うことです。

動画冒頭のSKY-D 1.5の始動音は、ちょっと大き目かな?と思ってしまいましたが…早く自分の耳で聞いてみたいです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする