国沢氏による、マツダ新型デミオ・ディーゼルモデルの分析

Ads by Google

新型Mazda2の予想CG

新型Mazda2の予想CG

マツダ アクセラXDが大好きな国沢氏が、8月に登場予定のマツダ新型デミオ・ディーゼルモデルの分析をしてます。

公表されているスペックだけれど、最高出力105馬力。最大トルク25,5kgmとなる。車重はガソリン車を1000kgとすれば、1100kgくらいだと思う。これ、重量、ハズしていないと考えます。ディーゼルの場合、走りのイメージに影響あるのが車重1トンあたりの最大トルク。

と話を展開して、

ということでアクセラD並のパワフルさを期待するとガッカリすると思う。トルクも馬力も20%以上低いですから。ただフィットRSやヴィッツRSと比べれば圧倒的だ。1トンあたりのトルクはフィットで15,1kgm。ヴィッツが13,4kgm。ということで過大な期待をしないでおきたい。

と締めくくっていますが、最後の最後にアクセラXDを褒めて終わっています(笑)。

デミオDの走りを分析す | 自動車評論家 国沢光宏

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする