マツダ技報に見る新型車の開発計画

Ads by Google

2012年のマツダ技報に「新型アテンザ ボデーシェル開発」と題する論文(86ページ)に下の図が載っています。

マツダ技報No.30にある図

マツダ技報No.30にある図

様様な車型に対する車体の基本骨格を一括で決定した。」説明に(Fig.1)として使われています。

ここにある、CD-SDNが「アテンザ セダン」で、CD-WGNが「アテンザ ワゴン」です。そして、S-SUVが「CX-5」になります。ここまでは技報にも載っています。

C-SDNとC-5HBは、新型アクセラですよね。残るのは、「CD-5HB」「S-SPW」「CD-SUV」「CD-MPV」です。

  • CD-SUV:CX-9?
  • CD-MPV:MPV(Mazda8)?
  • S-SPW:プレマシー?
  • CD-5HB:アテンザの派生モデル?

この図には、アテンザ、CX-5,アクセラを含めて7モデル(車名)の「ボデーシェル」があります。CX-9のモデルチェンジ情報は既出ですが、残りは不明です。この技報が出た後に色々修正が入っているかもしれませんしね。

新型デミオは、CX-5のプラットフォームを採用し、例の小型SUVはデミオとプラットフォームを共用するという話です。

以前の投稿で国内外のメディアから総合した新車は、こうなっていますが…

  1. CX-5(発売)
  2. Mazda6(発売)
  3. Mazda3(発売)
  4. Mazda2(跳を発表 2014年)
  5. B-segment SUV -> CX-3(2014年)
  6. D-segment SUV -> CX-9(2015年)
  7. MX-5(2015年)
  8. Mazda5(2016年)

さて、この図にある”ボデーシェル”のどれが、なんという車名でいつ市場に登場するのか。いずれにせよ、あと2年以内の話です。

特集としてSKYACTIV TECHNOLOGY、2012年フルモデルチェンジのアテンザ、同年リースを開始したデミオEV、2011年ニューモデルのCX-5および安全を、論文・解説として新世代4WDシステムなどを掲載しています。
【MAZDA】2012年マツダ技報|マツダのクルマづくり

マツダ、次期「デミオ」に「CX-5」のプラットフォームを採用 4年毎のモデル刷新も – Autoblog 日本版

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする