[雑感]今週の気になったニュース[動画]

Ads by Google

今週気になったニュースをさらっと触れます。先が不安なニュースと、なんだか悔しいニュースです。

トヨタとLINEが音声認識で協業

トヨタ自動車とLINEは、LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタ自動車などが推進する車載情報機器とスマートフォンアプリの連携規格SDLの活用で協業する。2018年をめどに、Clovaの音声エージェント技術を活用した新しいカーサービスの商品化を目指す。

トヨタがLINEとクルマの音声認識で協業、アップルとグーグルへの対抗意識鮮明に – MONOist(モノイスト)

グーグルやアマゾンが、音声認識の分野で日本語対応に手こずっているところをみると、アジア圏の企業と手を組むのが近道とも思いますが、LINEとですか…。

フォードは、確かCarPlayやAndroid Autoにも対応しているインフォテインメントシステムを採用しているはずですが、トヨタは、対抗姿勢もくずさないのですね。

テスラ モデルXがNHTSAの衝突試験でオール満点で五つ星を獲得

つい先日、マツダ新型CX-5が、四つ星の評価だったというニュースが流れた後で、おなじSUVのカテゴリーでテスラ モデルXが、なんと試験項目のすべてで満点だったそうです。

テスラ「モデルX」が、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)で行われた衝突安全テストのサブカテゴリを含めた全項目で、最高の5つ星評価を獲得した。テスラは、モデルXが本テストの最高基準に達した最初のSUVであることを発表し、そのような高成績を得られた理由の1つとして、同車がSUVであるにもかかわらず低重心であることを挙げ、車体のフロア下にしっかりと固定されたバッテリーパックがそれを可能にしている、と述べた。

【ビデオ】テスラ「モデルX」、SUVで初めて米国道路交通安全局の衝突安全テスト全項目で最高評価を獲得 – Autoblog 日本版

決して歴史が長くない自動車メーカーでも、こうして安全性の面で十分な性能を確保できるのは、「老舗」メーカーにとって脅威の一つかも、と思いました。

2017 TESLA MODEL X 60D SUV AWD | NHTSA

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする