J.D. パワーの2016年日本自動車セールス満足度(SSI)調査から少し

Ads by Google

納車待ち期間が長〜いので、J.D. パワーが、8月24日に発表している2016年日本自動車セールス満足度(SSI)調査結果を引っ張り出してみます。

J.D. パワーが調査している「日本自動車セールス満足度(SSI)」には、「納車」というファクターがあります。これは、『新車を購入した際のメーカー系正規販売店での対応経験に基づく評価。契約から納車までの日数や納車時の十分な説明など納車に関わる領域が対象。』という中身です。

量販ブランドの評価一覧です。一番右の項目が「納車」に関する評価です(クリックで拡大)。
jdpower-japan-2016-ssi-nousha「納車」でソートしています。

総合評価でもトップの「MINI」は、別格なので置いておいて…フォルクスワーゲン、日産、三菱が四つ星で、その下にトヨタ、マツダ、スズキ、ダイハツ、ホンダが三つ星で続きます。最後が二つ星のスバルでした。

「星の数」しか分かりませんので、同じ星の数のさらに詳細は不明です。この評価だけを見ると、マツダの納車に関しては、業界平均に見えます。

さずがに、スバルは、需要と供給のバランスが崩れたままのようで、厳しい評価になっていますね。

自分は、正式発表前に注文して待っているので、待ち時間が長いのは、当然なのですが…通常の購入パターンで待っている場合、不満は少なそうです(期間以外にも評価ポイントはありますが)。

SSIに関しては、マツダにとって突っ込みどころが多いので、別の機会にもう一度取り上げたいと思います。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする