FCAジャパン、新型アバルト124スパイダーを発表!2016年10月8日発売

Ads by Google

124Abarth

FCAジャパンは、8月5日に新型アバルト124スパイダーを2016年10月8日から発売すると発表しました。

新型Abarth 124 spider発表

アバルトブランド初のオープンスポーツモデルである新型「Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)」を、2016年10月8日(土)より全国のアバルト正規ディーラーにおいて販売開始します。当モデルは、1960年代のデビューとともに多くを魅了したオリジナルの「124スパイダー」のオマージュとして現在に蘇った新型車です。

新型アバルト124スパイダーは、本格的な2人乗りオープンカーの走りに加え、スリルとテクノロジー、安全性、イタリアンデザインを融合したモデル。アバルトならではのDNAを引き継いだ新モデルで幅広いファンを獲得することを狙います。マツダ株式会社のロードスターのアーキテクチャーをベースに、生産は同社が本社工場にて行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンションおよびステアリングフィールはFCAが独自で開発したモデルです。

新型アバルト124スパイダーの特長

  • パフォーマンスDNA:パワフルなエンジンとスポーティなトランスミッション
    1.4リッターマルチエア4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力170ps(排気量1リットル当たり約124ps)、最大トルク250Nm、0~100km/h加速は6.8秒(欧州仕様参考値)
  • パーフェクトな重量配分と軽量設計
    新型アバルト124スパイダーは2人乗りオープンスポーツカーの新たなベンチマークとなるモデル。アバルトが長年のレース活動から得た教訓を生かし、ムダな重量を1g単位で削り取る徹底した軽量化を実施。
  • スーパーカー並のメカニズムとサスペンション方式を採用
    フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリンク式を採用。ビルシュタイン製のモノチューブショックアブソーバー、ブレンボ製ブレーキシステム(フロントにアルミニウム製4ピストン対向キャリパー搭載)を採用。
  • 純粋無雑なドライブフィール
    電子制御による最新のアクティブセーフティ装備や機能を装備。電子装備の機能をドライバーが限定することができるため、本格的なFRの機械的バランスとリニアなエンジンレスポンスを味わうことができる。
  • アバルトDNAを忠実に表すデザイン:エクステリア
    オーバーハングを切り詰めることでアジリティを強調。また、パッセンジャー・コンパートメントは、リアアクスル近くまでに後退させることで、ドライバーが路面をはっきり感じられるようにした。

    フロントエンドのオリジナルラインと六角形のフロントグリルは、アバルト124スパイダーの個性を主張する上で一役買っている。

    ボディカラーは全4色を設定。ソリッドカラーのホワイトとレッド、メタリックカラーのブルー、および三層コートのパールホワイトです。

  • アバルトDNAを忠実に表すデザイン:インテリア
    シートはアルカンターラ/レザーまたはオールレザー(オプション設定)でサポート性と快適性を兼ね備えていると同時に、ドライバーがクルマのさまざまな動きを感じとることができるよう可能な限り後方に低くセッティングされている。

    操作部分も、アルミニウム製ペダルの位置、垂直に近いステアリングホイール、短いシフトレバーなど新型アバルト124スパイダーのスポーティなキャラクターに合致したつくりになっている。

    ダッシュボードには、赤い文字盤の大型タコメーターをドライバー正面の中央位置に配置し、プッシュボタンスタートシステムを採用しました。快適性の確保のためにシートヒーターを標準装備し、防音型のウィンドスクリーン、リアウインドウ、2層ソフトトップを設置することで高い遮音性能を実現。

  • 充実した安全装備
    ABS、EBD、ESCを装備。サーキットで走行する際は上記すべての機能を限定させることができる点も当モデルならではの特徴。
  • 先進のインフォテインメントシステム
    「124 SPIDER INFORTAINMENT SYSTEM」が搭載。

車両価格

abarth-jp-124spider-price

FCAジャパン、アバルト124スパイダーをフィアットディーラーにて販売と案内
FCAジャパンは、全国のフィアット正規ディーラーでアバルト124スパイダーを販売すると案内しています。

新型「Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)」を発表 | FCAジャパン株式会社

ボディーカラー「レッド」では、シートカラー「レッド」を選べないのは、こういうものなのかなぁ。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする