新車乗用車販売台数2016年7月のランキングが発表になりました

Ads by Google

7月もマツダの販売が振るいません。CX-3とCX-5が30位圏外に追い出されました。フォレスターも巻き添えに…。

ヴェゼル
〈4,000台〉
エクストレイル
〈2,500台〉
ハリアー
〈2,500台〉
CX-5
〈1,000台〉
CX-3
〈3,000台〉
フォレスター
〈2,000台〉
1月5,5845,5373,2632,2562,9153,085
2月7,0357.3673,3433,3143,2473,125
3月8,9698,4474,8222,9912,3173,858
4月4,6352,9472,5281,2781.0061,846
5月5,7763,7402,1481,5861,4221,710
6月7,1844,1213,2181,4851,5221,963
7月6,2954,1183,340圏外圏外圏外
8月
9月
10月
11月
12月

合計ヴェゼルエクストレイルハリアーCX-5CX-3フォレスター
7月45,47536,27722,66212,91012,42915,587

マツダ曰く、この販売不振は織り込み済みだそうですが、「新車効果が」とか言っているのに違和感が…それなら、これまでの年次改良は一体何だったのでしょう? そもそも狭い車は選ばれない、ということかも。

しかし!アクセラが、3,216台を販売、これは前年比176.8%にもなります。アクセラが起死回生のタイムリーヒットになるか、とりあえず、年内の動向に注目です(10月以降同じCセグのインプレッサがフルモデルチェンジするし)。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする