メルセデスベンツ、小型軽量化し13%燃費を向上した新型ディーゼルエンジンを発表

Ads by Google

メルセデスベンツは、新型4気筒2,000ccディーゼルエンジンを発表しています。

Mercedes-Benz Vierzylinder Premium-Diesel, OM 654, 2016Mercedes-Benz four cylinder premium diesel, OM 654, 2016OM 654と呼ばれるこのエンジンは、現行(OM 651)に比べ排気量が約2,200ccから2,000ccに小さくなり、約30kg軽量化、と小さく軽くなっていますが、ピークトルクは約40.8kgmと変わりありません。内部抵抗の25%低減などが寄与して13%の燃料消費量の削減も実現しています。

その他の特徴は、オールアルミ製、尿素SCR(AdBlue)による排ガス浄化装置、約124〜198PSの出力バリエーションがあり、Aクラスからクロスオーバー、ミニバン、商用車など広く採用されるようです。

春にEクラスに搭載され(E220 d)デビューすることが決まっているようですが、アメリカに投入されるかは不明だそうです。

Mercedes Unveils Next-Generation Four-Cylinder Diesel
Mercedes-Benz Presents Its New, More Efficient Four-Cylinder Diesel Engine

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする