レクサスも十勝サーキットで雪上試乗会を実施

Ads by Google

レクサス雪上試乗会

レクサスも北海道で雪上試乗会をひらいています。他のメーカー(ブランド)と違いFR車も参加していたそうです。

用意された車両は、4輪駆動のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「RX」、「NX」、「LX」。さらに後輪駆動のクーペの「RC F」とセダンの「GS F」。「RX」と「NX」ではハイブリッド車も試乗できた。

どうやらこの試乗会は、AWDシステムを云々することがメインじゃなかったようです。記事では、三つの理由を挙げていました。

  1. 日本市場向けのSUVラインアップが出揃ったから
  2. 2017年から市場導入が始まる次世代レクサス開発のための市場調査
  3. メーカーと顧客の「新しいつながり」を模索

3つめの理由を、

このように自動車メーカーが顧客と直接つながろうとする動きは、米国ではAudiやPorsche 、BMWなどのドイツ系メーカー各社が積極的に展開している。レクサスをはじめとした日系のプレミアムブランドは、この面ではまだまだ遅れを取っている。

自動車業界では、クルマの販売という「モノ売り」から、旅や食などを含んだクルマのあるライフスタイルを提案する「コト売り」へと、ビジネスモデルが移行しつつある。このトレンドを実際に理解するために「アメイジング・エクスペリエンス」は格好の場であろう。今回のイベントでレクサスは、「クルマに乗って雪深い北海道の冬を楽しむ」という「コト売り」にトライしたのかもしれない。

と説明していました。

時事ドットコムでは、動画を公開しています。

レクサスが初めて雪上試乗会を開催した「三つの理由」 – クルマ – 日経テクノロジーオンライン

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする