レクサスLXが2,000台も売れるなら新型CX-9だって日本で売れるんじゃ?

Ads by Google

レクサスLXが、1ヶ月に月販目標の40倍になる約2,000を受注できるなら価格がもっと低いはずの新型CX-9だって日本でも売れそうですが…。

フルサイズSUVのレクサスLX。1100万円という高額プライスはもちろん、5mを超える全長に2m近い全幅を誇るレクサスLX…約2000台という発売約1カ月の初期受注(9月14日〜10月14日)を獲得

1100万円のレクサスLXが発売1カ月で、月販目標台数の40倍の約2000台を受注! | clicccar.com(クリッカー)

レクサスLXは、1,100万円のLX570のみというグレード設定な上に、全長x全幅x全高=5,065x1,980x1,910mmというフルサイズぶりなのに、約2,000台/月(2015年のCX-5の平均販売台数は2,270台/月)も売れたんですね。発売直後の盛り上がりだけで、実際にはこれがずっと続くとは思えませんが、月販目標の50台は超えそうじゃないですか。

一方のマツダ新型CX-9は、一度は日本での発売が決まりかけたようですが、「サイズや取り回しが、日本の道路事情等には適さない」と判断されたようで、(今のところ)日本での発売はないと繰り返し中の人が発言しています。

しかし、新型CX-9のボディーサイズは、全長x全幅x全高=5,065x1,969x1,716mmとレクサスLXとほぼ同じ(ただし、エンジンパワーは、LXの277KW/534Nmに対しCX-9は169KW/420Nmと半分以下の排気量の差が出てます)なので、ある程度買ってもらえるのではないでしょうか。

今日行った札幌モーターショーのレクサスブースでもLXの周りには、それなりに人がいました。

LEXUS LX

札幌モーターショーでのレクサスLX

ただ、RX、LX、GS Fの3台しか無かったからかも知れませんが…。

年間50,000台しか売らないのなら、逆にオーストラリア仕様を手直して日本でも販売できないのかなぁ、なんて。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする