2016年6月から「ミラーレス車」解禁、よりスタイリッシュなデザインへ

Ads by Google

毎日新聞などの報道によると、保安基準の改定により、2016年6月からはまったくミラーの無い新型車が公道を走れるようになるとのことです。

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定し、乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認める。ドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少を狙い、来年6月にもミラーが全くない新型車が公道を走れるようになる。

ミラーレス車:公道へ 「カメラで代用」国交省が解禁へ – 毎日新聞

ずっと以前から、サイドミラーは「邪魔物扱い」されてきたように思いますが、ある意味デザイナーの夢が叶うということなのかな。

マツダのこれまでのコンセプトカーも当たり前のようにサイドミラーの位置にカメラを配し、小さく細い「サイドミラーもどき」を装備しています。これを日常的に目にするようになるんですね…。

左からSHINARI、TAKERI、MINAGIです。マツダは、追加されるモニターをどこに配置するかなどヘッズアップコクピットのバージョンアップが必要になりますね。

タイミングが合えば、2017年の新型車…新型CX-7?新型ミニバン?…で採用されるのでしょうか…。

日産では、ミラー併用ですが、「スマートルームミラー」を採用していますし、さらに後方の死角をなくす「シースルーミラー」も開発されています。これらと各種センサーを組み合わせて、さらに交通事故の減少に繋がることを期待したいです。

アイシングループ、車両後方の死角無くす「シースルーミラー」を開発
日産が車両後方に付けたカメラの映像をルームミラーに表示するスマートルームミラーを製品化していますが、アイシンが開発したのは、死角をなくした画像をルームミラーの表示するシステムです。
Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする