[動画]Honda SENSING初登場、ホンダ ジェイドの衝突被害軽減ブレーキ試験

Ads by Google

Honda SENSINGが、予防安全性能アセスメントに登場しました。後期型(?)のジェイドは、46満点で「ASV+」を獲得してます。

40km/hでは、かなり早めのブレーキ&停止ですが衝突を回避します。

50km/hでも止まります。

対定速走行車両60km/hでも衝突は回避できます。

それにしても、ずいぶんと臆病なシステムですね。ブレーキが早過ぎる。そして車内アラームが、これまた緊急性をあまり感じない音ですね。

ちなみに、フィットのシティブレーキアクティブシステムでは30km/hでさえぶつかります。もともと「30km/h以下で」という条件付きですけど…。


アコードのCMBS(衝突軽減ブレーキ)で何やら問題が起きているという話がマガジンXに載っていたようですが、ちょっとびびりなところが関係あったりするのかな?(まったく根拠はないです)。

JNCAP|予防安全性能アセスメント
Honda SENSING | Honda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする