マツダ、米国コンシューマー・リポートによる信頼度調査で4位となる

Ads by Google

朝日新聞などの報道によると、アメリカの「コンシューマー・リポート」が発表した自動車ブランドの信頼度調査でマツダが4位になったとのことです。

今年の順位は、

  1. レクサス
  2. トヨタ
  3. アウディ
  4. マツダ
  5. スバル

となりました。その他は、下のチャートを参照しながら見ると、ドイツ車が案外低いですね。そして、マツダのブレの小ささ目立ちます。

コンシューマー・リポート信頼度調査

コンシューマー・リポートのホームページには、今回のレポートのハイライトがあります(機械翻訳)。

  • 二つの韓国の自動車メーカー、起亜と現代は、かなり強いです。姉妹ブランドは、それぞれ、第6、第9を終えました。初めて、起亜は屈強な日本のブランドホンダを破って、かなりのマージンがある。
  • レクサスは、私たちの調査で得点7つすべての車両ラインにトップ信頼性マークを集め、珍しい偉業をオフに引っ張りました。しかし、それだけで強い日本の高級ブランドでした。
  • ホンダのアキュラブランドが原因で、カーエレクトロニクス、新トランスミッションに問題の急落しました。
  • 日産のインフィニティブランドは、そのInTouchのインフォテインメントシステムと同様の問題のその下向きの軌道を続けています。
  • フォードはランキングの下半分に残りますが、車のほとんどは平均以上得点して、かなりの利益を示しました。
  • アウディ、サービスの問題の一回陥没穴は、その最近のロールを続け、ちょうどレクサスとトヨタの後ろに、三番目に終わりました。
  • フィアット・クライスラーのブランド(クライスラー、ダッジ、ジープ、ラム、およびフィアット)が再び底に又はその近くに仕上げました。


J.Dパワーでもカーナビなどの評価が、車全体の評価で大きなウェイトを占めているようなことを言っていたような…アキュラやInfinitiと言った高級ブランドでこの傾向はとても痛いですね。

実は、昨年の同調査ではマツダは3位だったのですが…。

マツダ、米国コンシューマー・リポートによる信頼度評価で3位を獲得
米国の有力な消費者団体が編集している専門誌「コンシューマー・リポート」が、自動車の信頼度をブランド別に発表しています。この中でマツダは非プレミアムブラドで2位、全体で3位の評価を受けています。

Guide to Car Reliability | Owner Satisfaction – Consumer Reports
車の信頼度、トップ5に日本勢4ブランド 米誌調査:朝日新聞デジタル

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする