J.D. パワー、2015年日本自動車初期品質調査(IQS)の結果を発表。マツダは2年連続平均以下

Ads by Google

J.D. パワー アジア・パシフィックが、2015年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表しています。

iQSとは
新車購入後2~9ヶ月経過したユーザーを対象に233の項目にわたってユーザーの不具合経験を聴取しており、それらの項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッション(Eng/Trans)の8つのカテゴリーに分かれている。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles = PP100)として集計され、数値が小さいほど品質が高いことを示します。

ブランド別ではトヨタがトップ

トヨタがで第1位(69PP100)、第2位はスズキ(71PP100)、第3位はダイハツ(78PP100)でした。そして、業界平均は80PP100ですが、マツダは平均以下の第9位で110P100でした。

2015年日本自動車初期品質調査

2015年日本自動車初期品質調査



ちなみに、これが2014年のIQSの結果です。マツダは第10位の106P100でしたから、順位はともかくスコアが悪くなっています。
2014年日本自動車初期品質調査

2014年日本自動車初期品質調査


セグメント別、ミッドサイズでは日産リーフが第1位

日産リーフが高品質という評価は、それなりの品質でも台数が少ないから、なんて斜めに見ていたらダメですね。コンパクトセグメントでは、第1位から第3位までトヨタが独占です。

2015年日本自動車初期品質調査

2015年日本自動車初期品質調査


項目別ではACENの評価が悪化

ACENとは、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションなど。各社が力を入れている「インフォテインメントシステム」もこれに当てはまるのでしょうか。この項目だけが前年と比べて+1.1PP100悪化しているという結果です。

本年の調査では、ナビゲーションシステムの装着率は80%以上(前年比3%増)、ブルートゥース接続機能については60%(同8%増)、音声認識システム31%(同6%増)となっていることが分かった。これら装備の装着率の上昇がACENカテゴリーの不具合指摘増につながったと言える。


2015年日本自動車初期品質調査(IQS) | J.D. Power

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする