スズキ スペーシア、同社として初めての「ASV+」をほぼ満点で獲得

Ads by Google

デュアルカメラブレーキサポート

デュアルカメラブレーキサポートを搭載したスズキ スペーシアが、JNCAP予防安全性能アセスメントにおいてASV+を獲得しました。

スズキは8月5日、「デュアルカメラブレーキサポート」と「全方位モニター」を搭載した軽乗用車『スペーシア』『スペーシア カスタム』が、JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて軽自動車の中で最高の45.8点(46点満点)を獲得し、最高ランクの評価「先進安全車プラス(ASV+)」をスズキ車で初めて獲得したと発表した。

【JNCAP2015】スズキ スペーシア、最高ランク「ASV+」を獲得…同社初 | レスポンス

細かく見ると、満点を逃したのは、AEBS(衝突被害軽減制動制御装置)試験で、車速条件50km/hで3回中2回止まれなかったことと、FCWS(衝突警報装置)試験の車速条件60km/hで3回すべて回避できなかったために減点されています。スズキスペーシア JNCAP配点の高い車速条件35km/h〜45km/hでは満点なので、「デュアルカメラブレーキサポート」は、必要十分な「衝突被害軽減」性能を備えていることが、この試験で裏付けられました。

スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2015年8月5日 スズキ、軽乗用車 「スペーシア」「スペーシア カスタム」がJMCAP予防安全性能アセスメントにおいて軽自動車の中で最高得点を獲得

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする