アウディ、新型20.L TFSIエンジンを発表!「ライトサイジング」で190PS/20km/Lをマーク

Ads by Google

アウディは、「ライトサイジング」の考えに基づく新型エンジンをウィーン・モーター・シンポジウムで発表しています。新型2.0L TFSIは4気筒で190PSの高出力と20km/Lの低燃費を両立しています。

A new philosophy: rightsizing, not downsizing
なによりも気になるのは、アウディも「ライトサイジング」と言っている点ですね(をいをい、マツダの後追いかい?)。

アウディのテクニカルディレクター曰く、

Rightsizing thus involves the optimal interplay of vehicle class, displacement, output, torque and efficiency characteristics under everyday conditions. Our new 2.0 TFSI is a prime example of Vorsprung durch Technik.

(機械翻訳のまま:ライトサイジングは、このように日常の条件下での車両クラス、変位、出力、トルクと効率特性の最適な相互作用を伴います。私たちの新しい2.0 TFSIはVorsprung durch Technikでの一例です。)

Audi-2.0-TFSI-engine

研究室やテストでは成績の良い3気筒ダウンサイジングターボエンジンは、実際のところ、現実世界では、よりエンジンを回す必要があり、燃費が悪化している、とも書かれています。

何をしたかというと(機械翻訳のまま)、

  • 吸気時間の短縮(200℃〜190に比べて140°クランク角)
  • 入口側の高いブースト圧
  • 高効率昇圧ウェル前気筒の吸気バルブを閉じることによって圧縮率が下死点を打ちます
  • 効率的な混合物を形成するための部分負荷条件の下での吸気バルブの上流の追加注入
  • 入口側の新しいアウディ・バルブリフト・システム(AVS)は部分負荷での短い吸気時間と、より高い負荷でより長い時間を可能にします
  • シリンダヘッド内の排気マニホールドの統合

この新しいエンジンは、今年後半に新型A4に搭載される予定とのこと。しかも、その新型A4はフランクフルトモーターショーに登場するそうです。

Audi Unveils New 2.0 TFSI for 2016 A4: 190 HP, Consumes Less Than 5 L/100KM
Audi unveils India-bound 2016 A4’s all-new 2.0 TFSI engine – IAB Report

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする