FCA、将来のアルファロメオ向けの2つの新エンジンを準備していると公表

Ads by Google

Alfa-Romeo-Giulia

フィアットクライスラー(FCA)は、将来のアルファロメオに載せる2種類の新しいエンジンを生産する計画があると公表したそうです。

そのエンジンは、高出力型の4気筒とフェラリー由来のV型6気筒とのこと。エンジンスペックや搭載車両に関して、詳細は明かされなかったが、アウディA4やBMW 3シリーズのライバルとなるセダン(ジュリア後継車)が、搭載第一号になると見られています。

フェラリー由来のV6エンジンのニュースは、V6ツインターボを載せるディーノ後継車が開発されているという話を確かなものにしている、とのこと。

Alfa Romeo Confirms New High-Output 4-Cylinder And Ferrari-Derived V6

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする