ホンダのN-WGNがJNCAPの安全性評価で最高評価「ファイブスター賞」を受賞

Ads by Google

独立行政法人自動車事故対策機構が、5月9日に自動車アセスメント試験において安全性能総合評価の最高評価「JNCAPファイブスター賞」を発表しました。今回初めて軽自動車が受賞したことがトピックですね。

2013年度は前期/後期合わせて14車種を試験し、その半分の7車種が「ファイブスター賞」を受賞しました。
試験を受けた車と「ファイブスター賞:★5」は次のとおりです。

  • デイズ ハイウェイスターX / デイズ / 三菱 eKカスタム / eKワゴン(161.8点 ☆4)
  • アウトランダー PHEV G Navi Package(184.6点 ★5)
  • ミラージュ M(163.4点 ☆4)
  • フォレスター 2.0i-L EyeSight(169.8点 ☆4)
  • フォレスター 2.0i-L EyeSight(SCA付)(177.1点 ☆4)
  • タントカスタム X “SA” / タント(160.5点 ☆4)
  • フィット HYBRID・Lパッケージ(178.0点 ★5)
  • N-WGN G・Aパッケージ(178.8点 ★5)
  • アコード ハイブリッド LX(178.9点 ★5)
  • スペーシア X / マツダ フレアワゴン(後期)(152.2点 ☆4)
  • ゴルフ TSI Highline(176.7点 ★5)
  • N-ONE G・Lパッケージ(161.5点 ☆4)
  • スペーシア X(前期)(149.6点 ☆3)
  • クラウン ハイブリッド アスリートS(189.7点 ★5)
  • シルフィ X(162.9点 ☆4)
  • アテンザ XD(183.2点 ★5)

最高評価の常連のスバル車は、残念ながら今回は☆4つでした。ホンダの他の軽自動車N-ONEも☆4つ。

N-WGNがファイブスター賞をとれた意義は大きいですね。国内では売れる車の4割が軽自動車ですから。

JNCAP|NASVA 独立行政法人 自動車事故対策機構 –
NASVA、2013年度自動車アセスメント「ファイブスター賞」受賞式を開催、大賞は「クラウン」 / 軽自動車の「N-WGN」や輸入車の「ゴルフ」が初受賞 – Car Watch

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする